なのの茶

menu

品質と安全性quality & safety

なのの茶のこだわり

茶葉を丸ごと摂取できる「なのの茶」ですので、茶葉の安全性にはこだわりを持って選んでいます。お茶どころの静岡県内で栽培された茶葉を100%使用。そして、減農薬栽培の農家さんと直接契約をしております。

  • 1原材料のこだわり

    100%静岡県産緑茶茶葉を使用

  • 2安心・安全へのこだわり

    減農薬農家と直接契約

  • 3品質のこだわり

    酸化させない特殊技術『超微粒子粉末』

「べにふうき」の超微粒子粉末茶が誕生するまで

アレルギー効果のあるメチル化カテキンは苦味が強く、製品化が難しかった

べにふうき緑茶には、花粉症などのアレルギー症状に効果のあるメチル化カテキンが多く含まれていることが臨床で確認されました。メチル化カテキンは、お茶の「苦味」そのものなので、出来上がった製品はおいしく飲むことが難しい状況でした。 そんな時、弊社のやぶきた粉末茶を飲んだ旧金谷町の野菜茶業研究所から「是非、べにふうき緑茶の粉末を作ってくれないか」というオーダーを受け、べにふうき粉末緑茶が誕生しました。

空気に触れさせず粉末化する技術

当時、べにふうきが製品として販売されていたのは、ペットボトルタイプの抽出茶か通常のティーバックタイプのものがあるだけでした。 粉末茶は、細かければ細かいほどまろやかになること、また空気に触れない状態を保って粉末化すること「おいしさ」「栄養成分」を両立させる商品の必要条件となり、弊社独自の「粉末冶金」のブレンド工程を応用した技術により「べにふうき緑茶」の超微粒子粉末茶が誕生しました。