なのの茶

menu

談話・インタビューinterview

べにふうき緑茶の粉末茶化のご依頼をくださった金谷栄養研究所所長の金谷先生をお招きして「なのの茶」についてのお話をお伺いました。

抗酸化・オーラック (活性酸素吸収能力)値

  • 抗酸化・オーラック (活性酸素吸収能力)値とは?

    アメリカ国立老化研究所で開発された活性酸素を除去する力を示す値です。 食品には抗酸化力、酸化を防ぐ能力を含むものがあり、それを具体的に表す数値と言えます。 米国では食品にこのORAC(オーラック)値が表示され始めています。

  • 抗酸化・オーラック (活性酸素吸収能力)値の測定方法は?

    活性酸素の一種である「ペルオキシルラジカル」に対する「抗酸化力」を測定することで得られます。

  • 活性酸素とは?

    病気や老化の主な原因と言われています。 そのため、活性酸素を除去する能力の高い食品を摂ることで活性酸素の害から身体を守ることが出来るとされています。

  • ORAC(オーラック)値が高い食品とは?

    活性酸素が増える原因として、紫外線やストレス、電磁波などが挙げられます。 これを除去する能力が高い「ファイトケミカル」を含む食品は、ORAC(オーラック)値が高くなります。

  • 活性酸素が増えると?

    繰り返しになりますが、抗酸化物質が少ないと体内に活性酸素が増え過ぎてしまいます。 これは動脈硬化や癌など、様々な病気の原因となってしまいます。 ORAC(オーラック)値が高いほど、抗酸化作用が大きく、病気になりにくい力を持っていると言えます。

  • どれくらい摂れば良い?

    アメリカ人の平均摂取量は1,250 ORAC/日と言われています。静岡県の家庭調査を参考に独自で調べた結果では、1,650ORAC/日でした。

金谷 節子

金谷栄養研究所 所長